臼杵石仏(磨崖仏)
【 臼杵石仏(磨崖仏) 】
 
 臼杵市深田にある4群60余体の磨崖仏。「臼杵石仏(うすきせきぶつ)」の名で知られている。古園石仏大日如来像に代表される臼杵石仏(磨崖仏)は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたと言われている。
 その規模・数量・彫刻の質の高さにおいて、わが国を代表する石仏群であり、平成7年6月15日には磨崖仏では全国初、彫刻としても九州初の国宝に指定された。その数は、60余体にもおよび、このうち59体が国宝となった。