熊野磨崖仏
熊野磨崖仏 】
 
 豊後高田市にある平安時代後期の磨崖仏で、国の重要文化財('64/05/26指定)及び史跡('55/02/15指定)に指定されている。
 巨大な岩壁に高さ約8メートルの不動明王像(向かって左)と高さ約6.7メートルの大日如来像(右)が刻まれている。
 磨崖仏に行くまでの険しい石段は、鬼が一夜で築いたと伝えられています。